元祖イケメン俳優・仲雅美さん 借金3億円に泣き今は警備員

公開日:  更新日:

 絵に描いたような美少年ぶりは今も印象に残っている。“元祖イケメン”の呼び声高い仲雅美さん(64)だ。1971年、ロシア民謡「ポーリュシカ・ポーレ」が大ヒットし、俳優としても映画「同棲時代~今日子と次郎~」「愛と誠」などに出演、甘いマスクに女の子は熱い吐息をもらした。今どうしているのか。

■ライブではあのヒット曲は欠かせない

 会ったのは東京・四谷のライブハウス「四谷Live inn MAGIC」。ここで毎月1回行われているイベント「今夜も5KIGENじゃナイト」のリハーサル終了後だ。

「一緒にやるのが中村繁之クン、長江健次クン、諸岡ケンジクンたちだろ。まぎれもなくオレが最年長だね。『ポーリュシカ・ポーレ』? もちろん、歌う。お客さんはそれを期待してるんだから、裏切ったら申し訳ない。ただし、衣装は着古した日舞の稽古着だし、ギターも1万9000円の中古品。それでも中身は一級品だよ。あと、今回は日舞の深水流家元、朝丘雪路さんが歌った童謡の『赤い靴』のCDに合わせ、踊りを披露しようと思ってる。ギャラなんてタダみたいなもんでも、自由にできるのがうれしいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る