• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元祖イケメン俳優・仲雅美さん 借金3億円に泣き今は警備員

 絵に描いたような美少年ぶりは今も印象に残っている。“元祖イケメン”の呼び声高い仲雅美さん(64)だ。1971年、ロシア民謡「ポーリュシカ・ポーレ」が大ヒットし、俳優としても映画「同棲時代~今日子と次郎~」「愛と誠」などに出演、甘いマスクに女の子は熱い吐息をもらした。今どうしているのか。

■ライブではあのヒット曲は欠かせない

 会ったのは東京・四谷のライブハウス「四谷Live inn MAGIC」。ここで毎月1回行われているイベント「今夜も5KIGENじゃナイト」のリハーサル終了後だ。

「一緒にやるのが中村繁之クン、長江健次クン、諸岡ケンジクンたちだろ。まぎれもなくオレが最年長だね。『ポーリュシカ・ポーレ』? もちろん、歌う。お客さんはそれを期待してるんだから、裏切ったら申し訳ない。ただし、衣装は着古した日舞の稽古着だし、ギターも1万9000円の中古品。それでも中身は一級品だよ。あと、今回は日舞の深水流家元、朝丘雪路さんが歌った童謡の『赤い靴』のCDに合わせ、踊りを披露しようと思ってる。ギャラなんてタダみたいなもんでも、自由にできるのがうれしいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る