日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐藤健「天皇の料理番」がキムタク「アイムホーム」を逆転か?

 春ドラマの流れは木村拓哉vs堺雅人から、木村拓哉vs佐藤健に――。

 低調ながら、誰がトップを取るのか注目されている春のドラマ。堺雅人の「Dr倫太郎」(日本テレビ系)は失速し、キムタク「アイムホーム」(テレビ朝日系)を視聴率で逆転する目はほぼなくなった。

 ところが、そこに佐藤健が主演する「天皇の料理番」(TBS系)が猛烈に追い上げている。佐藤の踏ん張り次第では逆転の可能性が出てきた。

「『アイムホーム』は第8回までの視聴率の平均が14%を切り、『天皇の料理番』は第6回までの平均が13%台後半で肉薄しています。『アイム』は今後劇的な展開は望めそうにありませんが、『料理番』は佐藤がまだ天皇の料理番にもなっていない段階で、波乱がまだまだありそう。両者の戦いから最後まで目が離せません」(放送関係者)

 佐藤がキムタクに勝ったら、激震必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事