日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マツコ 7社のCM起用でランクインも「女性部門」のなぜ?

 テレビの調査測定を行うニホンモニターが9日に発表した「2015上半期タレントCM起用社数ランキング」でのマツコ・デラックスの扱われ方がちょっとした話題だ。

 13社で上半期女王に輝いた上戸彩には及ばないものの、マツコはNTTコミュニケーションズなど7社のCMに起用されランクインしたが、そのカテゴリーが「女性部門」なのである。男性部門ではないのか。

 ニホンモニターに問い合わせたところ、広報担当はこう答えた。

「マツコさんは女装家を名乗られ、どちらかといえば女性としてタレント活動をされています。『オネエ部門』というカテゴリーがあるわけではないので、どちらにすべきか話し合った結果、女性部門に入れさせていただきました。昨年、マツコさんが初めてランクインされた際に決まりました」

 マツコのような女装家が今後、他にもランキングの常連となれば、「オネエ部門」ができたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事