マツコ 7社のCM起用でランクインも「女性部門」のなぜ?

公開日:  更新日:

 テレビの調査測定を行うニホンモニターが9日に発表した「2015上半期タレントCM起用社数ランキング」でのマツコ・デラックスの扱われ方がちょっとした話題だ。

 13社で上半期女王に輝いた上戸彩には及ばないものの、マツコはNTTコミュニケーションズなど7社のCMに起用されランクインしたが、そのカテゴリーが「女性部門」なのである。男性部門ではないのか。

 ニホンモニターに問い合わせたところ、広報担当はこう答えた。

「マツコさんは女装家を名乗られ、どちらかといえば女性としてタレント活動をされています。『オネエ部門』というカテゴリーがあるわけではないので、どちらにすべきか話し合った結果、女性部門に入れさせていただきました。昨年、マツコさんが初めてランクインされた際に決まりました」

 マツコのような女装家が今後、他にもランキングの常連となれば、「オネエ部門」ができたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る