日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オネエ界で独り勝ち マツコ人気は「イケメンブーム」の裏返し

 4月から民放各局で計6本のレギュラー番組が決まったマツコ・デラックス(42)。ゴールデンから深夜まで、さらにCMも含めれば、マツコをテレビで見ない日はほぼない。

 一時、「オネエ系タレント」がテレビ界を席巻。多種多様な人たちが番組ジャックしていたが、「増えればいずれ淘汰される」のはどんな業界も同じこと。オネエ界はマツコの独り勝ち状態になった。オネエ系は存在が個性の塊。そこに言葉やしぐさが加わることで強烈なインパクトを与える。マツコは特に際立っている。女装家にしてあの体形。なによりもマツコは弁が立つ。

「毒舌というが、的を射た意見をズバリと言い切るので好感度も高い」(番組スタッフ)

 しかも、政治に芸能、下ネタ。最近は「食べる姿も面白い」と、どんなジャンルでも独自の見解で話せて、見せる要素まである。見る者が共感を得るから視聴率も取る。結果、仕事が増える。「なんでこの人がこの番組に出ているの?」と首をひねる起用とは違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事