プロレス転向LiLiCoが悟った「バラエティー2年」の説得力

公開日:  更新日:

「バッカじゃなかろうか」という声が相次ぐかと思ったら、意外や「分かってるじゃないか」と称賛の声で迎えられているのが映画コメンテーターでタレントのLiLiCo(44)だ。

 先日、プロレスラーへの転向を表明し、そのデビュー戦が8月23日、両国国技館で行われることも決まった。タレントのプロレス転向といえば過去にもミミ萩原、ゴージャス松野、愛川ゆず季あたりが思いつくが、成功したといえるのはせいぜいミミぐらい。この時点では「どうせ失敗」との見方が強かったが、周囲の反応が変わったのはLiLiCoが転向の真意を語ってから。本人はこう言った。

「テレビ番組を研究して分かったのはタレントがバラエティー番組に頻繁に出演できる期間は2年間ということ。売りとなるキャラクター性を徐々に変えていかないと飽きられて消えてしまう……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る