けがの功名? 休養中の島崎遥香のツイートがファンから好評

公開日:  更新日:

 ぜん息による体調不良を理由に7日に休養を発表したAKB48の島崎遥香(21)。生き馬の目を抜く芸能界で突然の休養入りは痛手だが、けがの功名と言うべきか、今月1日からスタートした島崎のツイッターがファンに好評を博している。

 島崎は11日、「沢山の人から厳しい声を受けることはいつしか慣れてしまったけどこんなに沢山の人から優しい言葉を受けたのは初めてです。ありがとう」とツイート。さらに、フォロワーが20万人に達した14日には、「Twitterをはじめて2週間。すでに約20万人の方々にフォローしていただきまして…ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べるなど、握手会でのそっけない“塩対応”とは打って変わり、一部メディアから「人肌対応」と評された。

 休養のおかげか写真の表情も明るくなり、ファンを喜ばせている。13日と17日には洗面台で撮影しと思われる写真を2枚ずつアップ。休養前に指摘されていたやつれた様子はなく、体調面の改善が見て取れる。うち1枚は“寝顔写真”で、ファンからは<やばい、惚れた 結婚してください>など、興奮気味の声が寄せられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る