碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「探偵の探偵」の北川景子に「HERO」よりハマり役の評価

公開日: 更新日:

連載コラム【TV見るべきものは!!】

 原作は松岡圭祐の同名小説。まず、「探偵の悪事を暴く探偵」という設定がユニークだ。確かに、世の探偵すべてがホームズやポアロのような人物とは限らない。悪徳探偵や犯罪に手を染める探偵がいてもおかしくない。主人公の紗崎玲奈(北川景子)は、スマ・リサーチ社が運営する探偵スクールを卒業して入社した。配属されたのが、まさに探偵を探偵する「対探偵課」だ。

 仕事に打ち込むのには理由があった。かつて高校生だった妹(芳根京子)が惨殺され、その事件の背後に、大物探偵・阿比留(ユースケ・サンタマリアが怪演)の存在があったのだ。警察からも信頼される阿比留への復讐こそが、この物語の主軸である。

 玲奈は、ほとんど笑顔を見せない。いつも厳しい顔をしている。全身に怒りのオーラをまとい、他人を寄せつけない。また、身の危険を顧みることもない。そんなヒロインを、北川はキレのいいアクションを披露しながら見事に演じている。「HERO」でキムタクをサポートするのもいいが、こちらのほうがハマリ役だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る