碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「探偵の探偵」の北川景子に「HERO」よりハマり役の評価

公開日:  更新日:

連載コラム【TV見るべきものは!!】

 原作は松岡圭祐の同名小説。まず、「探偵の悪事を暴く探偵」という設定がユニークだ。確かに、世の探偵すべてがホームズやポアロのような人物とは限らない。悪徳探偵や犯罪に手を染める探偵がいてもおかしくない。主人公の紗崎玲奈(北川景子)は、スマ・リサーチ社が運営する探偵スクールを卒業して入社した。配属されたのが、まさに探偵を探偵する「対探偵課」だ。

 仕事に打ち込むのには理由があった。かつて高校生だった妹(芳根京子)が惨殺され、その事件の背後に、大物探偵・阿比留(ユースケ・サンタマリアが怪演)の存在があったのだ。警察からも信頼される阿比留への復讐こそが、この物語の主軸である。

 玲奈は、ほとんど笑顔を見せない。いつも厳しい顔をしている。全身に怒りのオーラをまとい、他人を寄せつけない。また、身の危険を顧みることもない。そんなヒロインを、北川はキレのいいアクションを披露しながら見事に演じている。「HERO」でキムタクをサポートするのもいいが、こちらのほうがハマリ役だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る