真田広之と熱愛報道の天海祐希に「遠距離くらいがいい」の声

公開日:  更新日:

 大物独身女優、天海祐希(48)に久々にホットな話題が浮上した。発売中の「女性セブン」によると、相手は現在、米・ロサンゼルスを拠点に活動しているバツイチの真田広之(54)。

 2人は天海が宝塚時代から親交があり、真田にとっては妹分のような存在だったというが、公開中の映画「ミニオンズ」の日本語版吹き替えで共演したことで急接近。6月にロスで行われた同作のプレミアイベントで緊張する天海を真田がエスコートしたり、天海がオフに真田のいるロスを訪れるなど“遠距離恋愛”状態だというのだ。

「天海が以前に熱愛を報じられたのは歌手の吉川晃司だった。“サムライ”のような吉川に天海がべた惚れ。真田も“サムライ”のような雰囲気を持っているだけに、天海が惚れるのも納得です。ただ、“強い女”の象徴のような天海ですが、惚れた相手にはとことん尽くしすぎてしまい、いつの間にか徐々に相手が引いていって破局というパターンを繰り返している。真田とは物理的に距離が離れているので逆にうまくいくかもしれません」(芸能リポーター)

 天海といえば、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「偽装の夫婦」で、主演を務めることが発表されたばかり。一昨年には軽度の心筋梗塞で舞台降板もあったため体調面は心配だが、オトコができれば東京-ロスの8000キロもなんのその。仕事にも張り合いができるというものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る