長谷川博己と鈴木京香 厳戒態勢が物語る“長すぎた春”の結末

公開日:  更新日:

 一部で鈴木京香(47)との破局が報じられた渦中の長谷川博己(38)が21日、都内で行われた映画「進撃の巨人」のジャパンプレミアに登場した。

 映画オリジナルの最強戦士・シキシマを演じた長谷川はワイヤアクションの撮影を振り返り、「(スタッフの)みんながロープを引っ張って(宙に)飛んだあと、ファ~っと落ちていくんですが、恐ろしくて死ぬかと思いました」と告白したものの、鈴木との件については触れずじまい。

「主演の三浦春馬らと談笑し終始上機嫌。特に主催者サイドから長谷川に対する声かけの規制はなかったが、キャストの退場はステージに組まれた大階段の最上段からで、報道陣が声をかけることすらできなかった」(ワイドショー関係者)

 破局報道直後の今月16日には、都内で行われた映画「この国の空」の完成披露試写会に出席。その際は、「スタッフから報道陣に『長谷川さんのマネジャーさんから声かけはご遠慮くださいと言われています。絶対におやめください!』という通達が。それでも長谷川に質問しようとステージ付近に報道陣が集まるとスタッフが立ちはだかるなどピリピリムードでした」(映画ライター)という。

 破局の真偽は本人たちのコメントを待つしかないが、必要以上の厳戒態勢が“長い春”の終わりを雄弁に物語っていないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る