• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ぱるるを凌ぐ素っ気なさ 17歳AKB相笠萌が“辛対応”で台頭

投稿日:  更新日:

 ファンを冷淡にあしらう“塩対応”といえば、AKB48の島崎遥香(21)が有名だが、同じく冷たい対応で注目を浴びているメンバーがいる。AKBの「チームK」に所属する相笠萌(17)だ。“塩対応”ならぬ“辛対応”と呼ばれ、その痛快さがファンの間で好評を博しているのだ。

 相笠が一躍注目を浴びたのは今年2月に行われた、トークライブアプリ「755」上でのファンとのやり取り。恋愛対象となる年齢について、<年上はどのくらいまでですか?>との質問に対し、相笠は<(ファンは)恋愛対象外だからそういうの気にしなくて大丈夫ですよ>とバッサリ。他に寄せられていた<俺の彼女になれますか?>などの質問にも、<何回もそういうコメント気持ち悪い~>などと返り討ちにし、話題を呼んだ。

 その後も755上でのキャラは変わることはなく、7月には<萌ちゃん、わたし今日誕生日>というメッセージに<で?>の2文字のみで返信。<萌ちゃんはツイッターしないの?>という声には<あーうざい!何回言えばいいの!できないしやらない!>とキレ気味の回答で応じ、ネット上で話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る