ぱるるを凌ぐ素っ気なさ 17歳AKB相笠萌が“辛対応”で台頭

公開日:  更新日:

 ファンを冷淡にあしらう“塩対応”といえば、AKB48の島崎遥香(21)が有名だが、同じく冷たい対応で注目を浴びているメンバーがいる。AKBの「チームK」に所属する相笠萌(17)だ。“塩対応”ならぬ“辛対応”と呼ばれ、その痛快さがファンの間で好評を博しているのだ。

 相笠が一躍注目を浴びたのは今年2月に行われた、トークライブアプリ「755」上でのファンとのやり取り。恋愛対象となる年齢について、<年上はどのくらいまでですか?>との質問に対し、相笠は<(ファンは)恋愛対象外だからそういうの気にしなくて大丈夫ですよ>とバッサリ。他に寄せられていた<俺の彼女になれますか?>などの質問にも、<何回もそういうコメント気持ち悪い~>などと返り討ちにし、話題を呼んだ。

 その後も755上でのキャラは変わることはなく、7月には<萌ちゃん、わたし今日誕生日>というメッセージに<で?>の2文字のみで返信。<萌ちゃんはツイッターしないの?>という声には<あーうざい!何回言えばいいの!できないしやらない!>とキレ気味の回答で応じ、ネット上で話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る