ぱるるを凌ぐ素っ気なさ 17歳AKB相笠萌が“辛対応”で台頭

公開日:  更新日:

 ファンを冷淡にあしらう“塩対応”といえば、AKB48の島崎遥香(21)が有名だが、同じく冷たい対応で注目を浴びているメンバーがいる。AKBの「チームK」に所属する相笠萌(17)だ。“塩対応”ならぬ“辛対応”と呼ばれ、その痛快さがファンの間で好評を博しているのだ。

 相笠が一躍注目を浴びたのは今年2月に行われた、トークライブアプリ「755」上でのファンとのやり取り。恋愛対象となる年齢について、<年上はどのくらいまでですか?>との質問に対し、相笠は<(ファンは)恋愛対象外だからそういうの気にしなくて大丈夫ですよ>とバッサリ。他に寄せられていた<俺の彼女になれますか?>などの質問にも、<何回もそういうコメント気持ち悪い~>などと返り討ちにし、話題を呼んだ。

 その後も755上でのキャラは変わることはなく、7月には<萌ちゃん、わたし今日誕生日>というメッセージに<で?>の2文字のみで返信。<萌ちゃんはツイッターしないの?>という声には<あーうざい!何回言えばいいの!できないしやらない!>とキレ気味の回答で応じ、ネット上で話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る