• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

業界の期待度大…三戸なつめが歩む“第2のきゃりー”への道

 23日開催の「KAWAIIみそ大使」就任イベントに登場した三戸なつめ(25)。オデコ丸出しの前髪パッツン×おかっぱヘアは正真正銘の自前で、彼女自身、某経済紙で巷に増殖しているという「童系女子」の代表格として紹介されるほどの注目株。複数のバラエティー番組に出演しているから、名前は知らなくても見覚えのある人は多いだろう。

 長さ2センチ程度の極端な前髪がトレードマークだが、この日のイベントでは伸びの鈍化を告白。「以前は月1回美容院で切っていたんですけど、最近は行かなくてもこの髪形をキープできる。リアル『マルコメちゃん』です」と自虐交じり(?)にマルコメ味噌のPRをしてみせた。

 同世代の女性から「なつめちゃん」の愛称で親しまれる三戸は、女性ファッション誌「mer」で2年前にデビューを飾って以降、複数の雑誌でモデルとして活躍中。今年4月にはシングル「前髪切りすぎた」で歌手デビューを果たし、セカンドシングルが現在公開中の米映画「ピクセル」の日本語版主題歌に起用されるなど芸能活動は順風満帆。Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの音楽プロデュースを手がける中田ヤスタカ氏が楽曲を提供しているとなれば、業界での期待度の高さもうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事