業界の期待度大…三戸なつめが歩む“第2のきゃりー”への道

公開日:  更新日:

 23日開催の「KAWAIIみそ大使」就任イベントに登場した三戸なつめ(25)。オデコ丸出しの前髪パッツン×おかっぱヘアは正真正銘の自前で、彼女自身、某経済紙で巷に増殖しているという「童系女子」の代表格として紹介されるほどの注目株。複数のバラエティー番組に出演しているから、名前は知らなくても見覚えのある人は多いだろう。

 長さ2センチ程度の極端な前髪がトレードマークだが、この日のイベントでは伸びの鈍化を告白。「以前は月1回美容院で切っていたんですけど、最近は行かなくてもこの髪形をキープできる。リアル『マルコメちゃん』です」と自虐交じり(?)にマルコメ味噌のPRをしてみせた。

 同世代の女性から「なつめちゃん」の愛称で親しまれる三戸は、女性ファッション誌「mer」で2年前にデビューを飾って以降、複数の雑誌でモデルとして活躍中。今年4月にはシングル「前髪切りすぎた」で歌手デビューを果たし、セカンドシングルが現在公開中の米映画「ピクセル」の日本語版主題歌に起用されるなど芸能活動は順風満帆。Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの音楽プロデュースを手がける中田ヤスタカ氏が楽曲を提供しているとなれば、業界での期待度の高さもうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る