• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平山みきは京都生活30年 神社で「真夏の出来事」歌うことも

♪彼の クルマに乗って……。団塊の世代にはチョー懐かしい、1971年の大ヒット曲「真夏の出来事」。軽快なリズムに乗った個性的なハスキーボイスは、今でも鮮やかに耳に残っている。歌っていたのは平山みき(当時は三紀)さん。あれから44年、今どうしているのか。

「12月に京都市役所前の地下街ゼスト御池で、『ジングル★ウイーク―京都“音”のクリスマス』ってイベントを開くの。ワタシが発起人兼主催者なもんだから、8月から準備に追われちゃって、今からてんてこ舞いよ」

 ゼスト御池のカフェで会った平山さん、企画書を広げながらこう言った。

「このイベントは東日本大震災の復興支援が目的で、11年12月にやったのが最初。クリスマスを通じて、被災地の子どもたちを少しでも応援できたらな、という思いで始めたの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る