「ほほにキスして」の水越けいこさん 亭主“蒸発”後の困窮語る

公開日: 更新日:

 サザンオールスターズの「いとしのエリー」、小林幸子の「おもいで酒」、山口百恵の「しなやかに歌って」などがヒットした79年、本日登場の水越けいこさん(61歳)が歌った「ほほにキスして」も大いに売れた。あの爽やかな歌声と軽やかなメロディーは今も耳に残っている。しかし、最近はとんと水越さんの歌声を聞かない。今どうしているのか。

「一人息子の子育てのために5年ほどのブランクはあったけど、自分としてはずっと現役のつもり。2年前にシングル『僕の気持ち』を出してるし、今はこの秋発売を目標に23枚目になる新アルバムを制作中です」

 西武池袋線東長崎駅から10分のライブカフェ「ひまわりスター」で会った水越さん、まずはこういった。肩まで伸びた栗色の髪に、テンガロンハットのような帽子。ギターを持つ姿がサマになっている。

「ライブも2カ月に1度のペースで東京、名古屋、大阪でやってます。あと、講演会での講師なんてお仕事もあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る