「ほほにキスして」の水越けいこさん 亭主“蒸発”後の困窮語る

公開日:  更新日:

 サザンオールスターズの「いとしのエリー」、小林幸子の「おもいで酒」、山口百恵の「しなやかに歌って」などがヒットした79年、本日登場の水越けいこさん(61歳)が歌った「ほほにキスして」も大いに売れた。あの爽やかな歌声と軽やかなメロディーは今も耳に残っている。しかし、最近はとんと水越さんの歌声を聞かない。今どうしているのか。

「一人息子の子育てのために5年ほどのブランクはあったけど、自分としてはずっと現役のつもり。2年前にシングル『僕の気持ち』を出してるし、今はこの秋発売を目標に23枚目になる新アルバムを制作中です」

 西武池袋線東長崎駅から10分のライブカフェ「ひまわりスター」で会った水越さん、まずはこういった。肩まで伸びた栗色の髪に、テンガロンハットのような帽子。ギターを持つ姿がサマになっている。

「ライブも2カ月に1度のペースで東京、名古屋、大阪でやってます。あと、講演会での講師なんてお仕事もあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る