セレブとの“2ショット”満載 ローラ「豪華インスタ」の秘密

公開日: 更新日:

 8月には、開催中だった「サマーソニック」の東京会場で、ロシア生まれの音楽プロデューサー・Zedd(26)との2ショットを。2月には、来日中だった英歌手サム・スミス(23)との2ショットを投稿。そして昨年3月には、やはり来日だった米歌手ケイティ・ペリー(30)との2ショットが注目を集めた。

 一般人はおろか、日本のタレントや女優でさえ接触が困難なはずのセレブがズラリ。ローラの所属事務所が入念に根回しや交渉を行っているはずだが、これだけ多くの撮影を実現させている以上、本人にも何か秘密やコツがありそうだ。

「セレブと2ショットを撮るには、実際に会わなければならないだけあって、何より語学力が重要です。1月にローラは、CMキャラを務めるバーボン『ジム・ビーム』の会見を英語のみで行い、その語学力を見せつけていますから最初のハードルは楽々クリアしています」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る