お寒い話題続き…篠田麻里子のインスタからにじむ“正念場”

公開日:  更新日:

「AKBがなくなっても唯一生き残る」などと評されていた篠田麻里子(29)だが、近況が芳しくない。9月に入ってからというもの、篠田にとってはお寒いニュースが相次いでいる。

 災難だったのが、9日に飛び出したトラブル報道だ。篠田を起用したCM計画をめぐって逮捕者が出た一件で本人は無関係だったが、「篠田麻里子」の名前がニュースの見出しに掲載されてトバッチリを食った。

 同じく9日には、一部メディアが「篠田のAKB卒業は実はクビだった」と報道。真偽は不明だが、篠田が運営側に招かれた食事会で聞いた機密事項を漏らすクセがあった、というのが理由だ。

 さらに、卒業メンバーも参加するAKBの10周年祭(12月開催)が発表されると、篠田は「ラインニュースで知る(笑)」と自虐的にツイート。ファンの間で、<蚊帳の外に置かれていた?>と話題に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る