国会前でディラン フォークシンガー中川五郎は今も反戦歌を

公開日:  更新日:

 60年代後半に関西から火がつき、瞬く間に全国に広がった反戦フォークブーム。岡林信康、高石友也、高田渡ら多くのシンガーを輩出したが、中川五郎さん(66)もそのひとり。最近、元ちとせが中川さんの代表作「腰まで泥まみれ」をカバーして話題になったが、中川さん、今どうしているのか。

「この8月、国会前の抗議エリアで52年前にヒットしたボブ・ディランの『時代は変わる』を歌ったんです。♪古い家は土台ごと崩れ落ちるよ……と高石友也(現・ともや)さんの訳詞を今の時代に合わせて変えて歌ったんだけど、改めて今こそ歌うべき歌だと思いましたね」

 下北沢の喫茶店で会った中川さん、静かな口調で話し始めた。

「戦争法案は確かに成立しましたよ。でも、それが敗北とは思ってません。これからが本当の戦いの始まりです。戦争法案反対の声を上げ、運動を広げていったSEALDsの若者たち。新しい人は新しい運動をやるべきで、古い世代も運動の方法論を乗り越えて同じ目標に進めばいい、と思ってるボクにとって、あの歌はSEALDsをはじめとする若い世代への自分なりのメッセージソングでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る