• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋田弁「大きな古時計」伊藤秀志さんは中京大で非常勤講師も

 2002年に平井堅がカバーして大ヒットした「大きな古時計」。もうひとつ、その秋田弁バージョンが注目された。伊藤秀志さん(60歳)が歌い、「これってフランス語?」と大きな話題になった「大きな古時計 ZuZuバージョン」だ。伊藤さん、今どうしているのか。

「お待ちしてました」

 名古屋市東区泉。地下鉄桜通線高岳駅近くの飲食店ビル2階にある「GEM STUDIO」を訪ねると、笑顔の伊藤さんがいた。

「ここは3年前にオープンしたライブレストランバーでしてね。水・木・金曜日の午後、アマチュアの方を対象にしたボーカルレッスンと弾き語り、それとオリジナル曲作りを教える講座を開き、夜は創作料理とお酒が楽しめるライブハウスになります。あと、毎週日曜日の13時30分からはライブチャージ2000円でボクの定期ライブがある。で、ライブ・レストラン・バーとテンコ盛りで、そこにスクールもつけたいところです、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る