武田梨奈 過激作で体当たり演技「顔ベチャベチャ舐められた」

公開日:  更新日:

「役者全員が全力投球した悔いのない作品です」――。主演の遠藤憲一(54)が力を込めて語った映画「木屋町DARUMA」の初日(3日)舞台挨拶。

 同作は過激な内容から大手出版社が軒並み刊行を拒んだ同名小説を映画化。両手両足を失ったヤクザを中心に裏社会でもがく男たちの生きざまを描き、百戦錬磨の遠藤でも「こんなエグくてヤバい映画、誰が見るんだろう」と語るぐらい過激な描写がてんこ盛りだ。

 風俗嬢役を演じた武田梨奈(24)も体当たりで撮影に挑んだひとり。「顔をペロペロどころじゃなく、ベチャベチャ舐められた。ご飯が食べられなくなった」と当時の心境を告白した。

 現場では心身ともにだいぶ鍛えられたのだろう。木下ほうか(51)から「乳首まで出していただいて……」と嘘のエピソードで突っ込まれると、「乳首は出していない!」と即座に否定。それでも「辞書にも載っていないような過激な言葉があった。グーグルで調べたらとんでもない映像が出てきて、ちょっと見ました」と観客らを笑わせ、女優として成長した様子をうかがわせたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る