• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

武田梨奈 過激作で体当たり演技「顔ベチャベチャ舐められた」

「役者全員が全力投球した悔いのない作品です」――。主演の遠藤憲一(54)が力を込めて語った映画「木屋町DARUMA」の初日(3日)舞台挨拶。

 同作は過激な内容から大手出版社が軒並み刊行を拒んだ同名小説を映画化。両手両足を失ったヤクザを中心に裏社会でもがく男たちの生きざまを描き、百戦錬磨の遠藤でも「こんなエグくてヤバい映画、誰が見るんだろう」と語るぐらい過激な描写がてんこ盛りだ。

 風俗嬢役を演じた武田梨奈(24)も体当たりで撮影に挑んだひとり。「顔をペロペロどころじゃなく、ベチャベチャ舐められた。ご飯が食べられなくなった」と当時の心境を告白した。

 現場では心身ともにだいぶ鍛えられたのだろう。木下ほうか(51)から「乳首まで出していただいて……」と嘘のエピソードで突っ込まれると、「乳首は出していない!」と即座に否定。それでも「辞書にも載っていないような過激な言葉があった。グーグルで調べたらとんでもない映像が出てきて、ちょっと見ました」と観客らを笑わせ、女優として成長した様子をうかがわせたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る