映画「新宿スワン」大ヒットの裏に丸高愛実のDカップ鷲掴み

公開日:  更新日:

 映画「新宿スワン」が幸先のいいスタートだ。オープニング2日間(30、31日)で観客動員数17万5337人、興行収入2億5200万円を突破。5週連続1位をキープしていた「シンデレラ」からその座を奪取し、週末興収・動員ランキング初登場首位を成し遂げた。

 この出だしは最終的に興収20億円が見込めるという。昨年公開した劇場版相棒(20.1億円)に匹敵する数字となれば、なかなかのもの。公開に向けて怒涛のプロモーションに奔走し、250媒体ものメディアに出まくった主演の綾野剛(33)やヒロインの沢尻エリカ(29)……キャスト陣の苦労も報われたってところだろう。

 園子温監督が同名人気コミックを実写化。新宿・歌舞伎町を舞台に、女性に水商売を斡旋するスカウトマンたちの生きざまを描く青春ドラマだ。映画評論家の秋本鉄次氏は、作品自体のクオリティーをこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る