愛之助と羽田2ショット実現せず 紀香“雲隠れ”に大人の事情

公開日:  更新日:

 来春の結婚が一部で報じられた女優の藤原紀香(44)と歌舞伎俳優の片岡愛之助(43)。先日は婚前旅行に旅立ったことまで報じられていたが、この週末にはどこからともなく、バカンス先からの“帰京情報”が流れ、ワイドショーをはじめとする芸能マスコミはテンヤワンヤだったという。

「一部で2人が沖縄に旅行していると報じられたため、羽田空港に帰ってくるのではという情報が流れた。たしかに、愛之助は週明けから仕事復帰で、紀香は22日に都内で行われるチャリティーコンサートで司会を務める。そのため、初2ショット撮影のチャンスとばかりに、マスコミ各社は羽田で2人を待ち構えていました」(ワイドショー関係者)

 ところが、週末。2人は待てど暮らせど一向に空港に姿を見せず。それどころか、紀香と愛之助はまるで示し合わせたかのように、互いのブログに現在も“南国バカンス”を満喫しているかのような内容を写真付きで掲載。それを見たマスコミ各社は困惑しきりだったそうだが、そもそも18日は紀香がメディアの前に出てこられない“大人の事情”があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る