鈴木亮平にオファー殺到 “異常人気”の裏に鶴瓶のベタ褒め

公開日:  更新日:

 テレビ界でいま最も注目され、期待されているのが俳優の鈴木亮平(31)だ。NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で吉高由里子演じた村岡花子の夫役を務めたことで一躍、ブレーク。既に1年先のスケジュールが埋まってしまったという。

「『花子とアン』がクランクアップするやいなや、民放キー局や映画、舞台のスタッフから出演オファーが殺到したんです。とにかく物凄い勢いで仕事が入ってくる」(芸能プロ関係者)

 当然、全てが俳優業かと思ったら……ここで意外な事実が発覚する。実は出演オファーの半分以上がバラエティー番組だったというのだ。どういうわけか。バラエティー番組の放送作家がこう謎解きする。

「鈴木をバラエティー界に売り込んだ張本人が笑福亭鶴瓶です。今年8月、自身がMCを務める『A─Studio』(TBS系)に鈴木がゲスト出演。そしたら、打てば響くどころか、一を聞けば百の答えが返ってくる。しかも、芸人顔負けのトーク術で鶴瓶師匠もタジタジでした。その後、あちこちのテレビ局で『凄いやつが出てきたわ。“花子とアン”に出てた鈴木亮平ってやつや。あいつは大化けするで~』と吹聴しまくったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る