今度はツイート撤退騒ぎ 浜崎あゆみ“年末のクセ”再発か?

公開日:  更新日:

 26日に発表された浜崎あゆみ(37)のツイッター名義変更とツイート全削除。突然の出来事に、問題のツイッターには<反対!許し難い事実!><ツイート消す必要はあったんですか>など、ファンの怒りにも似た声が寄せられている。

 一方、ネット掲示板などでは、そろそろ潮時だったとする意見が優勢だ。というのも、浜崎のツイートはその“迷走ぶり”が話題になることが多かったからだ。

 最近では、22日の「#少しずつ何かを忘れていこう#新しい何かに期待していこう#ばいばいMyLove#はろぉMyLove」という投稿。昨年結婚した白人男性とみられる人物と寄り添う写真を添付しつつ、離婚を思わせるような文言に<かまってちゃん>との指摘が相次いでいた。

 6月にはシャワー後と思われるびしょ濡れ姿、9月には湯上り直後の自撮り画像など“すっぴん系”写真を公開し、物議を醸した。とうとう、スタッフから“ツイッター禁止令”が出たのかもしれないが、「浜崎お得意の『年末の話題作り』ではないか?」(芸能ライター)という見方もある。

 12年11月にはコンサートのダンサーを務めていた内山麿我(31)と交際宣言、13年12月には現在の夫との婚約といった具合に、何かと年末に話題が多い浜崎。今年末、ツイッター撤退以外にも“隠し玉”はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る