意味深ツイート削除 浜崎あゆみはまるで“1人マッチポンプ”

公開日:  更新日:

 歌手の浜崎あゆみ(37)のツイッターの書き込みが物議を醸している。

 浜崎は22日の早朝、背の高い男性と並ぶ写真をアップし、<#少しずつ何かを忘れていこう#新しい何かに期待していこう#ばいばいMyLove#はろぉMyLove>とツイート。結婚相手であるロス在住の米国人医大生との破局を思わせる意味深な内容に、ネット上にはすわ離婚かという書き込みが殺到したのだ。

 ところが、当の浜崎は同日夕方、<報告する事とか何にもないよ?><楽しい夜に楽しくSNS使っただけだよ 悲しいことがあったわけでもないし そんな日もあるでしょ人間なんやしっ>と書き込み、破局については否定。

 その後、問題のツイートは削除され、<皆が笑顔になれるエンディング用意してあっても結末辿り着く前にわちゃわちゃ強制終了><もっと大きく穏やかな毎日の方が楽しくない? すぐに決めつけて毎度騒ぐよりさ>と書き込んだ浜崎は、マスコミの“破局報道”に対して不満げな様子を見せた。

 かつての歌姫も近年はヒット曲もなし。往時の輝きは見る影もないが、世間の関心をあおるように自分で火をつけ自分で消火。こういう行為をマッチポンプという。目立ちたがり屋の寂しがり屋の哀れだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る