意味深ツイート削除 浜崎あゆみはまるで“1人マッチポンプ”

公開日: 更新日:

 歌手の浜崎あゆみ(37)のツイッターの書き込みが物議を醸している。

 浜崎は22日の早朝、背の高い男性と並ぶ写真をアップし、<#少しずつ何かを忘れていこう#新しい何かに期待していこう#ばいばいMyLove#はろぉMyLove>とツイート。結婚相手であるロス在住の米国人医大生との破局を思わせる意味深な内容に、ネット上にはすわ離婚かという書き込みが殺到したのだ。

 ところが、当の浜崎は同日夕方、<報告する事とか何にもないよ?><楽しい夜に楽しくSNS使っただけだよ 悲しいことがあったわけでもないし そんな日もあるでしょ人間なんやしっ>と書き込み、破局については否定。

 その後、問題のツイートは削除され、<皆が笑顔になれるエンディング用意してあっても結末辿り着く前にわちゃわちゃ強制終了><もっと大きく穏やかな毎日の方が楽しくない? すぐに決めつけて毎度騒ぐよりさ>と書き込んだ浜崎は、マスコミの“破局報道”に対して不満げな様子を見せた。

 かつての歌姫も近年はヒット曲もなし。往時の輝きは見る影もないが、世間の関心をあおるように自分で火をつけ自分で消火。こういう行為をマッチポンプという。目立ちたがり屋の寂しがり屋の哀れだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る