“真田巡り本”出版の歴ドル・小日向えりは「大河に出たい!」

公開日:  更新日:

「歴ドル」の元祖ともいわれている小日向えり(27)。横浜国立大学教育人間科学部卒の才女ながら、趣味は古戦場や墓めぐり。自身を「オタク」と呼ぶ歴ドルを直撃した。

 歴史が好きになったのは大学1年生のころ。きっかけは「Tシャツ」でした。変わったTシャツを集めるのが好きで、あるとき張飛のTシャツを買ったのが始まり。その後、大学1年の夏休みになって人生で初めて2カ月間休みができたので、せっかくだからと「歴女」だった大学の友達に勧められた(横山光輝の)「三国志」全60巻を10日で読み切りました。そこから漫画や小説にハマって、池波正太郎とか司馬遼太郎の作品を読み漁るように。

 歴史そのものというより、小説や創作から好きになったので、日本史や世界史の授業は全然好きじゃなかった。でもこの前、(母校の)中学校の先生が書いた校内新聞の中に、「卒業生の中に歴ドルをしている小日向えりさんがいて、図書室で誰も借りていない歴史の本に唯一、彼女の名前だけが書いてあるのを見つけた」と書いてあって驚きました。私って昔から興味があったんだなあと。全然記憶にないんですけどね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る