文化人ママドル菊池桃子「1億総活躍」民間議員までの道のり

公開日: 更新日:

「1億総活躍社会」の実現に向けた具体策を議論する「国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子(47)が選出された。これに対して自身のブログで「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換をしていきたい」と抱負をつづると、ネットユーザーから賛否両論が湧き上がった。「頑張って」というエールに交じり、「安倍首相に利用されるのでは」と危惧する声も多い。

 2012年にプロゴルファーの西川哲と離婚後、女優やナレーター業で生計を立てながらシングルマザーとして2人の子どもを育てた。その傍ら、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻で雇用政策の修士号を取得。現在は母校の戸板女子短期大学で客員教授として教壇に立ち、「NPO法人キャリア権推進ネットワーク」の理事に就任した。“働く母親像”を体現して、文化人としても“ママドル”の地位を確保している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る