文化人ママドル菊池桃子「1億総活躍」民間議員までの道のり

公開日: 更新日:

「1億総活躍社会」の実現に向けた具体策を議論する「国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子(47)が選出された。これに対して自身のブログで「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換をしていきたい」と抱負をつづると、ネットユーザーから賛否両論が湧き上がった。「頑張って」というエールに交じり、「安倍首相に利用されるのでは」と危惧する声も多い。

 2012年にプロゴルファーの西川哲と離婚後、女優やナレーター業で生計を立てながらシングルマザーとして2人の子どもを育てた。その傍ら、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻で雇用政策の修士号を取得。現在は母校の戸板女子短期大学で客員教授として教壇に立ち、「NPO法人キャリア権推進ネットワーク」の理事に就任した。“働く母親像”を体現して、文化人としても“ママドル”の地位を確保している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る