女医タレントにお笑い芸人も…「診療報酬詐欺」芸能界も汚染

公開日:  更新日:

 暴力団による診療報酬詐欺が芸能界にまで拡大している。すでに指定暴力団住吉会系組長ら14人が逮捕されているが、今後は詐欺に加担していた容疑でテレビにも出演していた有名美人女医や患者役のお笑い芸人などの逮捕情報も流れている。

「美人女医はキャバ嬢のような容姿で、ホスト遊びなどに大金を使うことで知られ、テレビにも度々出演していました。しかし、経営していたクリニックを舞台に億単位の診療報酬詐欺が行われていただけでなく、薬物の横流し疑惑まで浮上している。クリニックはすでに廃業。本人は今も毎日のようにブログやツイッターを更新していますが、逮捕は間近のようです」(マスコミ関係者)

 この女医タレントほどズブズブではないにしろ、事件への関与が明らかになっているのが複数のお笑い芸人だ。不正に診療を受けるニセ患者のバイトや勧誘を行っていたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る