日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“Fカップ美人女医”脇坂英理子センセイの「夜逃げ説」を追う

「ホストクラブでひと晩900万円使った」「これまで800人のオトコと寝た」――。

 ぶっちゃけトークで人気のFカップ巨乳美人女医、脇坂英理子センセイ(36)が“夜逃げ”したというから、穏やかじゃない。5日発売のフライデーが報じている。

 脇坂センセイといえば、小学校から高校まで東洋英和というお嬢サマ。東京女子医大卒業後、10年ほど母校で麻酔医をしていた才媛である。12年に独立し、東京・中目黒に美容クリニックを開業したが、優等生の経歴とは裏腹に金髪にド派手な衣装、自ら「ビッチ」と名乗り、そのギャップがウケて、バラエティー番組に引っ張りダコとなった。

 かつて、「年収5000万円超」と羽振りのよさをアピールしていたのに、「なぜ夜逃げ?」だ。

 フライデーによると、脇坂センセイのクリニックは昨年末ごろから休業し、先月半ばには“もぬけの殻”に。連絡がつかず、脱毛コースなどの料金を前払いしていた“被害患者”が怒っていた。スポンサーが離れ、資金繰りが苦しくなった末の「夜逃げ」と、近所では囁かれているのだが、脇坂センセイの知人はこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事