• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“Fカップ美人女医”脇坂英理子センセイの「夜逃げ説」を追う

「ホストクラブでひと晩900万円使った」「これまで800人のオトコと寝た」――。

 ぶっちゃけトークで人気のFカップ巨乳美人女医、脇坂英理子センセイ(36)が“夜逃げ”したというから、穏やかじゃない。5日発売のフライデーが報じている。

 脇坂センセイといえば、小学校から高校まで東洋英和というお嬢サマ。東京女子医大卒業後、10年ほど母校で麻酔医をしていた才媛である。12年に独立し、東京・中目黒に美容クリニックを開業したが、優等生の経歴とは裏腹に金髪にド派手な衣装、自ら「ビッチ」と名乗り、そのギャップがウケて、バラエティー番組に引っ張りダコとなった。

 かつて、「年収5000万円超」と羽振りのよさをアピールしていたのに、「なぜ夜逃げ?」だ。

 フライデーによると、脇坂センセイのクリニックは昨年末ごろから休業し、先月半ばには“もぬけの殻”に。連絡がつかず、脱毛コースなどの料金を前払いしていた“被害患者”が怒っていた。スポンサーが離れ、資金繰りが苦しくなった末の「夜逃げ」と、近所では囁かれているのだが、脇坂センセイの知人はこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る