“Fカップ美人女医”脇坂英理子センセイの「夜逃げ説」を追う

公開日: 更新日:

「ホストクラブでひと晩900万円使った」「これまで800人のオトコと寝た」――。

 ぶっちゃけトークで人気のFカップ巨乳美人女医、脇坂英理子センセイ(36)が“夜逃げ”したというから、穏やかじゃない。5日発売のフライデーが報じている。

 脇坂センセイといえば、小学校から高校まで東洋英和というお嬢サマ。東京女子医大卒業後、10年ほど母校で麻酔医をしていた才媛である。12年に独立し、東京・中目黒に美容クリニックを開業したが、優等生の経歴とは裏腹に金髪にド派手な衣装、自ら「ビッチ」と名乗り、そのギャップがウケて、バラエティー番組に引っ張りダコとなった。

 かつて、「年収5000万円超」と羽振りのよさをアピールしていたのに、「なぜ夜逃げ?」だ。

 フライデーによると、脇坂センセイのクリニックは昨年末ごろから休業し、先月半ばには“もぬけの殻”に。連絡がつかず、脱毛コースなどの料金を前払いしていた“被害患者”が怒っていた。スポンサーが離れ、資金繰りが苦しくなった末の「夜逃げ」と、近所では囁かれているのだが、脇坂センセイの知人はこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る