ユルい旅番組がじわじわ…前川清に“再ブレーク到来”のワケ

公開日:  更新日:

 歌手・前川清(67)が最近なぜか“プチブレーク”中だという。欽ちゃん(萩本欽一)の番組に出ていた70年代ならともかく、普段のステージではニコリともせずに“直立不動”で歌うのが前川流。ところが最近、ファンの反応が明らかに変わってきているという。

「特にトークをするわけでもなく、無表情で歌うものだから、以前だったら前川がステージに現れても拍手が起きる程度でした。しかし、最近は前川が現れると会場のどこからともなく笑いが起きるようになっている。時には“待ってました!”なんて声がかかることもあるそうです」(興行関係者)

 きっかけになっているのは、BS朝日で毎週放送されている「ちょっとタビ好キ」(木曜午後11時半~)。もともとは12年4月から九州朝日放送で制作されていた「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」という55分のローカル番組が原型だが、地元で徐々に話題になり、30分のショートバージョンに編集し、今年1月からBSで全国放送するや、周囲の雰囲気が変わってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る