小室哲哉 5億円著作権詐欺容疑で逮捕

公開日: 更新日:

(2008年11月)

 90年代、TRF、華原朋美安室奈美恵、globe、篠原涼子らいわゆる「小室ファミリー」を擁して一世を風靡。「天才プロデューサー」の名をほしいままにした小室哲哉だが、08年、思わぬ形で世間の注目を集めることになった。

 06年ごろから小室が「自作曲の全著作権を売却する」という噂が業界内でささやかれ始めた。02年にAsamiとスピード離婚し、KEIKOと再婚しているが、離婚慰謝料の総額は10億円とも。しかし、この頃から小室人気は衰えを見せ始めていた。ヒット曲を連発するような目立った活躍がないにもかかわらず、ハデな生活をやめられず、04年にはAsamiに小室からの支払いがストップしていることを週刊誌上で暴露された。“小室金欠”の噂が流れる中で持ち上がった著作権売却話。その総額は15億円とも20億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る