小室哲哉 5億円著作権詐欺容疑で逮捕

公開日:  更新日:

(2008年11月)

 90年代、TRF、華原朋美、安室奈美恵、globe、篠原涼子らいわゆる「小室ファミリー」を擁して一世を風靡。「天才プロデューサー」の名をほしいままにした小室哲哉だが、08年、思わぬ形で世間の注目を集めることになった。

 06年ごろから小室が「自作曲の全著作権を売却する」という噂が業界内でささやかれ始めた。02年にAsamiとスピード離婚し、KEIKOと再婚しているが、離婚慰謝料の総額は10億円とも。しかし、この頃から小室人気は衰えを見せ始めていた。ヒット曲を連発するような目立った活躍がないにもかかわらず、ハデな生活をやめられず、04年にはAsamiに小室からの支払いがストップしていることを週刊誌上で暴露された。“小室金欠”の噂が流れる中で持ち上がった著作権売却話。その総額は15億円とも20億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る