小室哲哉 5億円著作権詐欺容疑で逮捕

公開日:  更新日:

(2008年11月)

 90年代、TRF、華原朋美、安室奈美恵、globe、篠原涼子らいわゆる「小室ファミリー」を擁して一世を風靡。「天才プロデューサー」の名をほしいままにした小室哲哉だが、08年、思わぬ形で世間の注目を集めることになった。

 06年ごろから小室が「自作曲の全著作権を売却する」という噂が業界内でささやかれ始めた。02年にAsamiとスピード離婚し、KEIKOと再婚しているが、離婚慰謝料の総額は10億円とも。しかし、この頃から小室人気は衰えを見せ始めていた。ヒット曲を連発するような目立った活躍がないにもかかわらず、ハデな生活をやめられず、04年にはAsamiに小室からの支払いがストップしていることを週刊誌上で暴露された。“小室金欠”の噂が流れる中で持ち上がった著作権売却話。その総額は15億円とも20億円ともいわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る