同情論がわき起こった SMAP草なぎ剛の“全裸泥酔”騒動

公開日:  更新日:

<2009年4月>

 09年4月23日の深夜3時。東京ミッドタウンの裏手にある檜町公園の夜間立ち入り禁止区域で「バカヤロー」「ナンだぁ」と意味不明の叫び声を上げる泥酔男性が目撃され、近隣住民の110番通報で警察官が駆け付けた。この時、全裸だった男性は公然わいせつの容疑で現行犯逮捕されてしまった。

 これだけなら単なる酔っぱらいのご乱行。しかし、逮捕された男性がトップアイドルグループ「SMAP」の草彅剛(当時34)だったことから、日本国内どころか世界を揺るがすスキャンダルに。

 前夜、草彅は赤坂の和食店で知人とビールや焼酎などを飲んでいた。その後、スペインバルに移動。午前2時ごろに店を出てタクシーでミッドタウンの自宅に向かったが、なぜか家には入らず公園に。着ていた服を脱いできちんと畳むと立ち木によじ登ったり、でんぐり返しをしたりしながら大声を上げていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る