“だっちゅーの”パイレーツ電撃解散

公開日: 更新日:

〈2001年6月〉

 浅田好未と西本はるかの巨乳美女2人が97年にコンビ結成。グラビアアイドルとも、お笑い芸人ともつかない不思議なスタイルが人気を呼んだパイレーツ。「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)でブレークし、98年にはツッコミの決めゼリフ「だっちゅーの」が流行語大賞を受賞するなど社会現象を巻き起こす活躍ぶりだった。

 しかし、人気は長続きしなかった。「だっちゅーの」に続いて繰り出した「チチ帰る」「チチ離れ」「練乳ビーム」「ちょっとミレニアム」などの一発ギャグはいずれも不発。徐々に露出は減っていった。01年春ごろからは浅田(当時21)が単独でテレビに出演することが多くなり、解散情報も流れるように。

 同年9月、所属事務所が「正式に発表していなかったのですが、パイレーツは今年6月に解散しました。以前から話し合いをしてまして、それぞれ目指す方向が違ったのでソロで活動していこうという前向きな結果です」と解散を明らかにするコメント。同時に西本(当時23)が休養中であることも発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか