“だっちゅーの”パイレーツ電撃解散

公開日:  更新日:

〈2001年6月〉

 浅田好未と西本はるかの巨乳美女2人が97年にコンビ結成。グラビアアイドルとも、お笑い芸人ともつかない不思議なスタイルが人気を呼んだパイレーツ。「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)でブレークし、98年にはツッコミの決めゼリフ「だっちゅーの」が流行語大賞を受賞するなど社会現象を巻き起こす活躍ぶりだった。

 しかし、人気は長続きしなかった。「だっちゅーの」に続いて繰り出した「チチ帰る」「チチ離れ」「練乳ビーム」「ちょっとミレニアム」などの一発ギャグはいずれも不発。徐々に露出は減っていった。01年春ごろからは浅田(当時21)が単独でテレビに出演することが多くなり、解散情報も流れるように。

 同年9月、所属事務所が「正式に発表していなかったのですが、パイレーツは今年6月に解散しました。以前から話し合いをしてまして、それぞれ目指す方向が違ったのでソロで活動していこうという前向きな結果です」と解散を明らかにするコメント。同時に西本(当時23)が休養中であることも発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る