• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15年テレビの“びっくり” コラムニスト桧山珠美が振り返る

コラム【桧山珠美「あれもこれも言わせて」】

 今回は、この一年、テレビが伝えたヒト・モノ・コトを振り返りたい。題して「2015 びっくりぽん!アワード」。

 最初のびっくりぽんはNHK大河「花燃ゆ」。安倍首相のお膝元を舞台にした“接待ドラマ”という陰口も叩かれたが、フタを開けてみて、アレレ。「イケメン大河」だの「幕末男子の育て方」だのと女子供ウケを狙い過ぎてドツボに。その結果、「平清盛」と並ぶ平均視聴率12.0%というワーストに。そもそも吉田松陰の妹という無名人を主役にして勝算があると思ったのが不思議。

 続いて「三船美佳&高橋ジョージ離婚騒動」。おしどり夫婦で知られていた2人が破局していたとは! この話題が出るやいなや、気のせいか妻・美佳の番組出演が増えて焼け太り状態。どこかの番組で夫・ジョージの自炊姿を見せていたが、その背中のもの悲しさといったら。捨てられた夫の哀れを全国の視聴者に見せつけたことで、ああはなりたくないと妻のご機嫌をうかがい、萎縮する夫が増加したとかしないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る