15年テレビの“びっくり” コラムニスト桧山珠美が振り返る

公開日: 更新日:

コラム【桧山珠美「あれもこれも言わせて」】

 今回は、この一年、テレビが伝えたヒト・モノ・コトを振り返りたい。題して「2015 びっくりぽん!アワード」。

 最初のびっくりぽんはNHK大河「花燃ゆ」。安倍首相のお膝元を舞台にした“接待ドラマ”という陰口も叩かれたが、フタを開けてみて、アレレ。「イケメン大河」だの「幕末男子の育て方」だのと女子供ウケを狙い過ぎてドツボに。その結果、「平清盛」と並ぶ平均視聴率12.0%というワーストに。そもそも吉田松陰の妹という無名人を主役にして勝算があると思ったのが不思議。

 続いて「三船美佳&高橋ジョージ離婚騒動」。おしどり夫婦で知られていた2人が破局していたとは! この話題が出るやいなや、気のせいか妻・美佳の番組出演が増えて焼け太り状態。どこかの番組で夫・ジョージの自炊姿を見せていたが、その背中のもの悲しさといったら。捨てられた夫の哀れを全国の視聴者に見せつけたことで、ああはなりたくないと妻のご機嫌をうかがい、萎縮する夫が増加したとかしないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る