日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

喜多嶋舞が芸能界引退も…大沢樹生とは“ドロ仕合”再突入

 喜多嶋舞(43)が8日発売の「婦人公論」のインタビューに応じ、芸能界引退を表明した。

 喜多嶋は元夫で俳優の大沢樹生(46)との間にもうけた長男(18)の「本当の父親」を巡る“実子裁判”の判決については「残念に感じてます」と心境を吐露。裁判ではDNA鑑定の結果、「(長男と大沢は)法律上の親子関係は存在しない」と言い渡されたが、判決内容には不満があり、「父親は大沢さんに間違いありません」「こうなった以上、私は再鑑定を行い身の潔白を証明したい」と宣言している。

 すでに所属事務所とは11月いっぱいで契約終了。今後は芸能界を引退し、家庭に入るという。だが、このまま事態が落ち着くとは到底思えない。

「引退は今の家族を守るためでしょう。喜多嶋は07年に大手出版社の幹部と再婚し、現在は7歳の長女もいる。実子裁判の判決が出てからは当然ながら喜多嶋のもとに取材が殺到。全部に対応していたら生活がぐちゃぐちゃになりかねないので『婦人公論』の独占インタビューに応じて彼女なりのケジメをつけた格好です。テレビのワイドショーや週刊誌ではなく、歴史のある『婦人公論』を舞台に選んだのは今の夫のアドバイスでしょう」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事