• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自粛や謹慎もある? ベッキーは矢口真里の二の舞なのか

「矢口真里と同じような展開も」とも言われているのが、タレントのベッキー(31)。矢口と同じ不倫騒動により、CM契約を結んでいるスポンサー企業10社のうち、大手2社が別のCMに差し替える決定をしたとされ、TVやラジオのレギュラー計10本も含め、雪崩を打って打ち切りとなる可能性がでてきた。

「出会った当初、相手の27歳バンドマン・川谷絵音に妻がいることを知らなかったというのが事実であれ、ホテルで夜を共にしたり、『離婚届』を『卒論』と置き換えた隠語でやりとりするLINEでの文言が報じられた以上、明るく元気で清潔というタレントイメージはもはや通用しない。夫がありながら、自宅の寝室に別の男を入れていた矢口ほどではないにせよ、結果的に自粛や謹慎という状況になるかもしれませんね」(スポーツ紙芸能記者)

 ベッキーは不倫騒動が持ち上がった6日夜に会見、不倫を否定し謝罪を繰り返したが、これもダメージ回避にはならなかったもようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る