日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫愛で“女の敵”に…ベッキー「初スキャンダル」の代償

 ロマンスがありあまった結果の“惨劇”となった。

 発売中の「週刊文春」で昨年大みそかに紅白歌合戦初出場を果たした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫愛を報じられたベッキー(31)が6日、都内の所属事務所で会見を開いた。

 白のブラウスに茶色いスカート姿のベッキーは神妙な面持ちで会場へ入る前に深々と一礼。会場に入ってからも約7秒間頭を下げ、広報担当者の挨拶があった後も3回頭を下げるなど平身低頭。ようやく口を開くと、「今回発売される記事に関して多くの方々、テレビ、CM、ラジオの関係者の皆さま、そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑と心配をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪。

 そしてまた頭を下げると、川谷との関係については「私は川谷絵音さんの作る音楽のファンで、ライブの打ち上げなどでお話しさせていただき、そんな中、川谷さんと連絡を取るようになりました。2人でお食事に行かせていただいたこともあります。そしてお正月に長崎のご実家にお邪魔したことも事実です。ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」とあくまで恋愛関係は否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事