不倫愛で“女の敵”に…ベッキー「初スキャンダル」の代償

公開日:  更新日:

 ロマンスがありあまった結果の“惨劇”となった。

 発売中の「週刊文春」で昨年大みそかに紅白歌合戦初出場を果たした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫愛を報じられたベッキー(31)が6日、都内の所属事務所で会見を開いた。

 白のブラウスに茶色いスカート姿のベッキーは神妙な面持ちで会場へ入る前に深々と一礼。会場に入ってからも約7秒間頭を下げ、広報担当者の挨拶があった後も3回頭を下げるなど平身低頭。ようやく口を開くと、「今回発売される記事に関して多くの方々、テレビ、CM、ラジオの関係者の皆さま、そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑と心配をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪。

 そしてまた頭を下げると、川谷との関係については「私は川谷絵音さんの作る音楽のファンで、ライブの打ち上げなどでお話しさせていただき、そんな中、川谷さんと連絡を取るようになりました。2人でお食事に行かせていただいたこともあります。そしてお正月に長崎のご実家にお邪魔したことも事実です。ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」とあくまで恋愛関係は否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る