日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中森明夫氏が不倫スキャンダル渦中ベッキーに熱烈エール

【作家・アイドル評論家 中森明夫氏特別寄稿】

 ああ、ベッキー! 不倫スキャンダルが大炎上中。相手が悪かった。ゲ、ゲスって!? 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(妻帯者)だ。奥サンいる相手と正月に不倫旅行なんて、ベッキー、まさにゲスの極み!! とツッコマれまくっている。

 あの人がこの事態を見ていたら……。相澤秀禎氏――そう、ベッキーの所属事務所サンミュージックの創業者だ。3年前に亡くなった。サンミュージックは、凄い芸能プロだ。スキャンダル女王の松田聖子はじめ、統一教会で合同結婚の桜田淳子、投身自殺の岡田有希子、そして覚醒剤逮捕ののりピーこと酒井法子……と、お騒がせタレントのオンパレード。

 サン=太陽には太陽黒点がある。スキャンダルという黒点も明るい光に変えてしまう事務所だ! と私の“サンミュージック論”を語ると、相澤前会長はワッハッハッと大笑いした。相澤さんは豪放磊落、サン=まさに太陽のような明るい人柄で、誰にでも好かれた。あけっぴろげなその対応に芸能マスコミの相澤ファンも多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事