• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中森明夫氏が不倫スキャンダル渦中ベッキーに熱烈エール

 数年前に対談した折、「ベッキー、大活躍ですね?」と聞くと「ああ、下着、下着ね」といきなり意味不明なことを口走る!? 下着? い、いったい何を言い出すんだ、会長……。

「下着メーカーのオーディションでベッキーは来たんですよ。友人の下着メーカー社長に審査員を頼まれて。下着モデルですから、20代以上がほとんどなんだけど、その中に14歳のベッキーがいた。これは面白いと思ったんで、優勝はできなかったけど急きょ、サンミュージック賞をつくって受賞させました」と相澤氏。

 えっ、下着モデル! お宝情報ですね(笑い)と思わず私は声を上げた。対談掲載は芸能スキャンダル記事満載の「月刊サイゾー」誌だったが、自社タレントのお宝情報を会長自らが大盤振る舞いする“ノーガード商法”に同席したサイゾー編集長も目を丸くしていた。


 自社タレントのスキャンダル報道に「黒を白にすることはできない。でも、黒いものをきれいな黒に書いてください」と語った相澤前会長。今回のベッキー・スキャンダルでも、もし、相澤さんがご存命なら……。ベッキー、もう何も隠すな! おまえは下着モデル(候補)出身なんだ。初心に帰って、すっ裸で出直せ!!……と言ったかもしれない。合掌。

▽なかもり・あきお 作家、アイドル評論家。1980年代に新人類の旗手と呼ばれる。「おたく」の命名者でもある。小説「アナーキー・イン・ザ・JP」が三島由紀夫賞候補に。近著に「寂しさの力」(新潮新書)など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る