中森明夫氏が不倫スキャンダル渦中ベッキーに熱烈エール

公開日: 更新日:

 数年前に対談した折、「ベッキー、大活躍ですね?」と聞くと「ああ、下着、下着ね」といきなり意味不明なことを口走る!? 下着? い、いったい何を言い出すんだ、会長……。

「下着メーカーのオーディションでベッキーは来たんですよ。友人の下着メーカー社長に審査員を頼まれて。下着モデルですから、20代以上がほとんどなんだけど、その中に14歳のベッキーがいた。これは面白いと思ったんで、優勝はできなかったけど急きょ、サンミュージック賞をつくって受賞させました」と相澤氏。

 えっ、下着モデル! お宝情報ですね(笑い)と思わず私は声を上げた。対談掲載は芸能スキャンダル記事満載の「月刊サイゾー」誌だったが、自社タレントのお宝情報を会長自らが大盤振る舞いする“ノーガード商法”に同席したサイゾー編集長も目を丸くしていた。


 自社タレントのスキャンダル報道に「黒を白にすることはできない。でも、黒いものをきれいな黒に書いてください」と語った相澤前会長。今回のベッキー・スキャンダルでも、もし、相澤さんがご存命なら……。ベッキー、もう何も隠すな! おまえは下着モデル(候補)出身なんだ。初心に帰って、すっ裸で出直せ!!……と言ったかもしれない。合掌。

▽なかもり・あきお 作家、アイドル評論家。1980年代に新人類の旗手と呼ばれる。「おたく」の命名者でもある。小説「アナーキー・イン・ザ・JP」が三島由紀夫賞候補に。近著に「寂しさの力」(新潮新書)など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る