中森明夫氏が不倫スキャンダル渦中ベッキーに熱烈エール

公開日:  更新日:

 数年前に対談した折、「ベッキー、大活躍ですね?」と聞くと「ああ、下着、下着ね」といきなり意味不明なことを口走る!? 下着? い、いったい何を言い出すんだ、会長……。

「下着メーカーのオーディションでベッキーは来たんですよ。友人の下着メーカー社長に審査員を頼まれて。下着モデルですから、20代以上がほとんどなんだけど、その中に14歳のベッキーがいた。これは面白いと思ったんで、優勝はできなかったけど急きょ、サンミュージック賞をつくって受賞させました」と相澤氏。

 えっ、下着モデル! お宝情報ですね(笑い)と思わず私は声を上げた。対談掲載は芸能スキャンダル記事満載の「月刊サイゾー」誌だったが、自社タレントのお宝情報を会長自らが大盤振る舞いする“ノーガード商法”に同席したサイゾー編集長も目を丸くしていた。


 自社タレントのスキャンダル報道に「黒を白にすることはできない。でも、黒いものをきれいな黒に書いてください」と語った相澤前会長。今回のベッキー・スキャンダルでも、もし、相澤さんがご存命なら……。ベッキー、もう何も隠すな! おまえは下着モデル(候補)出身なんだ。初心に帰って、すっ裸で出直せ!!……と言ったかもしれない。合掌。

▽なかもり・あきお 作家、アイドル評論家。1980年代に新人類の旗手と呼ばれる。「おたく」の命名者でもある。小説「アナーキー・イン・ザ・JP」が三島由紀夫賞候補に。近著に「寂しさの力」(新潮新書)など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る