“恐妻伝説”は本当だった…船越英一郎が松居一代と離婚へ

公開日: 更新日:

「やっぱりそうなるよなぁ」――周囲の受け止めは意外に冷静だった。最新号の「女性セブン」が独占スクープと題して「船越英一郎 松居一代と離婚」を報じている一件だ。

 記事によると、離婚原因は船越が疲れ切ってしまったからだという。なにしろ松居の“監視”がハンパじゃないのだ。2時間ドラマの帝王の船越は地方ロケが多いが、松居はわずかなことでも浮気と勘違いし、共演女優と気軽に食事することもままならない。そのため、船越はどこに行っても居場所を証明するべく、毎度、松居に写メを送らされていたという。

 そればかりではない。メディアチェックも露骨で、船越のインタビュー記事はことごとく目を通し、船越の事務所が「OK」を出しているにもかかわらず、横からクレームをつけることも一度や二度じゃないそうだ。

 松居自身もテレビでは「夫の浮気を疑うあまり、携帯を3回折った」などとブッチャけ、笑いを誘っていたが、それらがすべて事実だったことになる。

 もともとこの結婚、松居がバツイチ、子持ちであったことから船越の父・英二は猛反対していたという。結局は、落ち着くところに落ち着いたというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る