松居一代が週刊誌と騒動も…夫・船越英一郎が「無言」のワケ

公開日: 更新日:

 松居一代(56)と週刊文春のバトルが持ち上がったのは3月下旬のことだった。

 株などの財テクやプロデュースした商品がバカ売れして10億円もの資産を形成。そんな松居にまつわる悪評(会員制ホテルのレストランでの傍若無人な振る舞いなど)を同誌が報じたところ、松居は即、反論。

 ブログで「資産10億円の家事アドバイザー松居一代ですって。毎朝、4時には起きて仕事をしている私ですよ。まったく遊ぶことも飲むこともなく、ひたすらお仕事をしている私です。それが、資産たった10億円だったら悲しすぎでしょう」とコメント。その後はワイドショー「ミヤネ屋」(日本テレビ系)に電話で生出演し、反論もそこそこに自身の仕事のPRを忘れないちゃっかりぶりだった。

 しかし、バトルはこれで終わらず。松居はその後、直撃取材をした同誌の記者の実名をブログでさらし(現在は削除)、所轄の警察署に相談に行った旨も明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る