堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

公開日: 更新日:

 “手紙のチカラ”恐るべし、ではないか。CM女王・堀北真希の結婚のことだ。

 彼女のハートを射止めた俳優・山本耕史は、時代小説好きのサラリーマンにはおなじみ。NHKドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」の坂崎磐音役、その人だ。それにしても、舞台の共演期間中に約40通もの“ラブレター”を手渡し続けるとは、磐音もやるではないか。ベタで古風な手とはいえ、誰にもできることではない。それだけに、コレを女を口説くだけで終わらせるのはもったいない。相手に自分の思いを伝え、印象付け、さらに相手を説得するという意味では、ビジネスシーンに使わない手はない。メール時代の今だからこそ、効果は想像以上に大きいのだ。

「若者が3年で辞めない会社の法則」などの著書がある、人事教育コンサルタントの本田有明氏が言う。

「礼状を書く場合、手紙の効用はメールより数段上です。たとえば、A社の2人が取引先のB社のC部長に“ごちそうになった”お礼をするとしましょう。K君は翌朝、会社に着くとすぐに丁寧なメールを打ちました。S君からは1日遅れでしたが、直筆のハガキがC部長のもとに届きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る