堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

公開日:  更新日:

 “手紙のチカラ”恐るべし、ではないか。CM女王・堀北真希の結婚のことだ。

 彼女のハートを射止めた俳優・山本耕史は、時代小説好きのサラリーマンにはおなじみ。NHKドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」の坂崎磐音役、その人だ。それにしても、舞台の共演期間中に約40通もの“ラブレター”を手渡し続けるとは、磐音もやるではないか。ベタで古風な手とはいえ、誰にもできることではない。それだけに、コレを女を口説くだけで終わらせるのはもったいない。相手に自分の思いを伝え、印象付け、さらに相手を説得するという意味では、ビジネスシーンに使わない手はない。メール時代の今だからこそ、効果は想像以上に大きいのだ。

「若者が3年で辞めない会社の法則」などの著書がある、人事教育コンサルタントの本田有明氏が言う。

「礼状を書く場合、手紙の効用はメールより数段上です。たとえば、A社の2人が取引先のB社のC部長に“ごちそうになった”お礼をするとしましょう。K君は翌朝、会社に着くとすぐに丁寧なメールを打ちました。S君からは1日遅れでしたが、直筆のハガキがC部長のもとに届きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る