堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

公開日: 更新日:

 “手紙のチカラ”恐るべし、ではないか。CM女王・堀北真希の結婚のことだ。

 彼女のハートを射止めた俳優・山本耕史は、時代小説好きのサラリーマンにはおなじみ。NHKドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」の坂崎磐音役、その人だ。それにしても、舞台の共演期間中に約40通もの“ラブレター”を手渡し続けるとは、磐音もやるではないか。ベタで古風な手とはいえ、誰にもできることではない。それだけに、コレを女を口説くだけで終わらせるのはもったいない。相手に自分の思いを伝え、印象付け、さらに相手を説得するという意味では、ビジネスシーンに使わない手はない。メール時代の今だからこそ、効果は想像以上に大きいのだ。

「若者が3年で辞めない会社の法則」などの著書がある、人事教育コンサルタントの本田有明氏が言う。

「礼状を書く場合、手紙の効用はメールより数段上です。たとえば、A社の2人が取引先のB社のC部長に“ごちそうになった”お礼をするとしましょう。K君は翌朝、会社に着くとすぐに丁寧なメールを打ちました。S君からは1日遅れでしたが、直筆のハガキがC部長のもとに届きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る