• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

 “手紙のチカラ”恐るべし、ではないか。CM女王・堀北真希の結婚のことだ。

 彼女のハートを射止めた俳優・山本耕史は、時代小説好きのサラリーマンにはおなじみ。NHKドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」の坂崎磐音役、その人だ。それにしても、舞台の共演期間中に約40通もの“ラブレター”を手渡し続けるとは、磐音もやるではないか。ベタで古風な手とはいえ、誰にもできることではない。それだけに、コレを女を口説くだけで終わらせるのはもったいない。相手に自分の思いを伝え、印象付け、さらに相手を説得するという意味では、ビジネスシーンに使わない手はない。メール時代の今だからこそ、効果は想像以上に大きいのだ。

「若者が3年で辞めない会社の法則」などの著書がある、人事教育コンサルタントの本田有明氏が言う。

「礼状を書く場合、手紙の効用はメールより数段上です。たとえば、A社の2人が取引先のB社のC部長に“ごちそうになった”お礼をするとしましょう。K君は翌朝、会社に着くとすぐに丁寧なメールを打ちました。S君からは1日遅れでしたが、直筆のハガキがC部長のもとに届きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る