今度は無免許運転 南野陽子は“ダメ夫”へ三行半秒読み開始

公開日: 更新日:

 これまで多額の金銭トラブルに始まり、愛人関係にある銀座の高級クラブの美人ママの妊娠&出産までもが取り沙汰されてきた南野陽子(48)の年下夫がまたまたやらかしてしまった。今度は無免許運転だ。

「昨年12月30日、南野の夫であるA氏は都内の繁華街で免許を所持せずに運転していたところを警察に見つかったそうです。年明けの元日に釈放されているようですが、昨年8月にも同じく無免許で拘束されており、1年に2度、同じ容疑で捕まったことになります」(マスコミ関係者)

 これでは順法意識の低い常習者とみなされても致し方あるまい。しかも、この話には“尾ひれ”がつく。

「南野は昨年11月に伊丹警察署の一日署長を務めているんです。兵庫県伊丹市は彼女の郷里で、スケバン刑事で一躍有名になった有名女優の“凱旋敬礼”に地元は大いに沸きました。しかし、次から次へと夫の軽率な行動で悪評が立てば、妻である南野の芸能活動に支障を来したり、イメージダウンを招くことになりかねない」(前出のマスコミ関係者)

 一昨年の秋ごろから離婚危機が報じられているナンノだが、今回の警察沙汰は“三くだり半”の引き金になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る