傷害の疑いで逮捕…高岡奏輔の“完全復活”また遠ざかるのか

公開日: 更新日:

 傷害容疑でパクられたというから穏やかではない。俳優の高岡奏輔(33)が7日、東京都世田谷区の路上で20代男性の顔を殴ったり、腹を蹴るなどし、ケガを負わせたとして警視庁世田谷署に現行犯逮捕されていたことが11日、分かった。

 同署の調べによると、7日午前8時40分ごろ、現場は三軒茶屋駅近くの路上で、高岡と男性はいずれも現場近くの飲食店で酒を飲んでいたという。

「高岡は友人男性一人と前日の6日夜から飲んでいて、そこで居合わせた男性に絡まれてトラブルに。通行人が110番、駆け付けた警察官によって現行犯逮捕となりました」(捜査関係者)

 調べに対し、高岡は「カッとなって殴った」と容疑を認め、10日には釈放。在宅の捜査になっている。いまのところトラブルの原因や詳細は不明だが、相手の男性は知人の知人で高岡自身も殴られてケガをしているという。単なる加害者ではないようだが、顔と名前でメシを食っている芸能人ともなれば警察沙汰は是が非でも避けたいところ。しかも高岡の場合、お世辞にもイメージが良くないからなおさらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る