傷害の疑いで逮捕…高岡奏輔の“完全復活”また遠ざかるのか

公開日: 更新日:

 傷害容疑でパクられたというから穏やかではない。俳優の高岡奏輔(33)が7日、東京都世田谷区の路上で20代男性の顔を殴ったり、腹を蹴るなどし、ケガを負わせたとして警視庁世田谷署に現行犯逮捕されていたことが11日、分かった。

 同署の調べによると、7日午前8時40分ごろ、現場は三軒茶屋駅近くの路上で、高岡と男性はいずれも現場近くの飲食店で酒を飲んでいたという。

「高岡は友人男性一人と前日の6日夜から飲んでいて、そこで居合わせた男性に絡まれてトラブルに。通行人が110番、駆け付けた警察官によって現行犯逮捕となりました」(捜査関係者)

 調べに対し、高岡は「カッとなって殴った」と容疑を認め、10日には釈放。在宅の捜査になっている。いまのところトラブルの原因や詳細は不明だが、相手の男性は知人の知人で高岡自身も殴られてケガをしているという。単なる加害者ではないようだが、顔と名前でメシを食っている芸能人ともなれば警察沙汰は是が非でも避けたいところ。しかも高岡の場合、お世辞にもイメージが良くないからなおさらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る