• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

傷害の疑いで逮捕…高岡奏輔の“完全復活”また遠ざかるのか

 傷害容疑でパクられたというから穏やかではない。俳優の高岡奏輔(33)が7日、東京都世田谷区の路上で20代男性の顔を殴ったり、腹を蹴るなどし、ケガを負わせたとして警視庁世田谷署に現行犯逮捕されていたことが11日、分かった。

 同署の調べによると、7日午前8時40分ごろ、現場は三軒茶屋駅近くの路上で、高岡と男性はいずれも現場近くの飲食店で酒を飲んでいたという。

「高岡は友人男性一人と前日の6日夜から飲んでいて、そこで居合わせた男性に絡まれてトラブルに。通行人が110番、駆け付けた警察官によって現行犯逮捕となりました」(捜査関係者)

 調べに対し、高岡は「カッとなって殴った」と容疑を認め、10日には釈放。在宅の捜査になっている。いまのところトラブルの原因や詳細は不明だが、相手の男性は知人の知人で高岡自身も殴られてケガをしているという。単なる加害者ではないようだが、顔と名前でメシを食っている芸能人ともなれば警察沙汰は是が非でも避けたいところ。しかも高岡の場合、お世辞にもイメージが良くないからなおさらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る