SMAPの結束は? ジャニーズ「生まれ順」相性を研究者分析

公開日: 更新日:

 14年度のSMAPの売り上げは250億円以上という試算がある。分裂騒動でそれが一瞬にしてパーなら、ジャニーズ事務所には大きな痛手。それでもメリー喜多川副社長の娘、藤島ジュリー景子副社長は「SMAPがいなくても嵐がいる」と強気。これは裏目に出ないのか。

「生まれ順」による相性の良し悪しを研究している宗教学者の島田裕巳氏にSMAP、嵐のグループのまとまりや将来性を分析してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 SMAPが絶大な人気を誇ってきた原因として、生まれ順のバランスの良さがあげられる。

 木村と香取は弟のいる第1子で、草彅は弟と妹のいる第1子、中居は3兄弟の末っ子で、稲垣も姉のいる末っ子。女性の末っ子ファンは第1子に憧れ、逆に第1子ファンは末っ子アイドルを可愛いと感じる。グループのなかで1人を好きになれば、結局はグループ全体を好きになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る