SMAPの結束は? ジャニーズ「生まれ順」相性を研究者分析

公開日:  更新日:

 14年度のSMAPの売り上げは250億円以上という試算がある。分裂騒動でそれが一瞬にしてパーなら、ジャニーズ事務所には大きな痛手。それでもメリー喜多川副社長の娘、藤島ジュリー景子副社長は「SMAPがいなくても嵐がいる」と強気。これは裏目に出ないのか。

「生まれ順」による相性の良し悪しを研究している宗教学者の島田裕巳氏にSMAP、嵐のグループのまとまりや将来性を分析してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 SMAPが絶大な人気を誇ってきた原因として、生まれ順のバランスの良さがあげられる。

 木村と香取は弟のいる第1子で、草彅は弟と妹のいる第1子、中居は3兄弟の末っ子で、稲垣も姉のいる末っ子。女性の末っ子ファンは第1子に憧れ、逆に第1子ファンは末っ子アイドルを可愛いと感じる。グループのなかで1人を好きになれば、結局はグループ全体を好きになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る