日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP解散阻止の効果は? CD購買運動に賛否分かれる

 国民的アイドルグループの解散報道が思わぬところに影響を及ぼし始めた。SMAPの解散を阻止するという名目で、2003年発売のシングル「世界に一つだけの花」の購買運動がツイッター上で展開されているのだ。

 運動への賛同の声は拡散中で「#世界に一つだけの花」のタグを付けてファンがツイートしているほか、ネット通販サイトでは同曲のCDが品切れになるなどしている。

 ただ、ネット上には今回の動きを疑問視する声も少なくない。<買うことが阻止になる意味が分からない>とする意見や、<いいカモだな>とSMAPの所属先であるジャニーズ事務所の収益になるだけ、などの声が上がっている。

 逆に<ジャニーズ不買運動した方がいいのでは?><番組のスポンサーに嘆願書を送ったり、署名活動したり、ジャニーズ事務所にデモしたほうが効果的だと思う>と運動の方法を改めるべき、といった議論も交わされている。

 購買運動推進派のツイッターには、CDの売り上げがきちんと計上されるよう、ランキングに加盟しているCD店で買うよう呼びかけているものもあり、運動の徹底を呼びかけるファンも多い模様。

 SMAP解散騒動はどこまで波紋を広げていくのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事