メンバー蚊帳の外…SMAP独立騒動で“女の闘い”浮き彫りに

公開日: 更新日:

「メンバーたちはかわいそう」なんて声も出ている。SMAPの独立騒動は、木村拓哉(43)らタレントの意思というより所属するジャニーズ事務所内の派閥・後継者争いを巡る女のバトルというコトの真相が浮き彫りになってきたからだ。

「大きな対立軸はSMAPのチーフマネジャー飯島三智氏と藤島ジュリー景子副社長です。SMAPをイチから育て上げたと自負する飯島氏は事務所内に自分を頂点とした派閥を持っていて、ジャニー喜多川社長の後継者候補との呼び声もあり、ジュリー副社長は負い目のようなものを感じていたんです。ところが、ジュリーの母親でジャニーズの女帝であるメリー喜多川副社長が昨年1月、週刊文春のインタビューで『私の娘が次期社長ですよ』と言い、飯島氏の派閥自体、認めないと断言した。それで潮目が変わった。ジュリーは嵐をプロデュースし、ようやく仕事で飯島氏に負けないと思い始めた頃だっただけに、我が意を得たりと飯島氏と対立を強め、飯島氏は飯島氏でSMAPを連れて出ていってやるとなったようです」(女性誌芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る