「別れの朝」ペドロ梅村さん 脳梗塞を乗り越え今も活動中

公開日: 更新日:

 尾崎紀世彦が「また逢う日まで」でレコード大賞を受賞し、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」や加藤登紀子の「知床旅情」が大ヒットした1971年。ラテン・ジャズバンド「ペドロ&カプリシャス」のデビュー曲「別れの朝」もドカンと売れた。リーダーのペドロ梅村さん(73)は4年前、脳梗塞を患っていたことを明らかにして話題になった。今どうしているのか。

■脳梗塞の“風評被害”で仕事激減

「現役も現役。今でもバンバン、コンガを叩いてるよ。今日もこれから3ステージ演奏するんだ」

 六本木のジャズライブバー「オール・オブ・ミー」で会ったペドロさん、こう言って微笑した。

「後遺症? ないって言ったらウソになるかな。左足が少々不自由で、昔みたいにコンガを叩きながら踊れなくなったのが残念だよ。とはいえ、歩くのは大丈夫だし、今日も千駄ケ谷の自宅マンションから散歩がてら、ここまで歩いてきた。健康には歩くのが一番だね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る