「別れの朝」ペドロ梅村さん 脳梗塞を乗り越え今も活動中

公開日:  更新日:

 尾崎紀世彦が「また逢う日まで」でレコード大賞を受賞し、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」や加藤登紀子の「知床旅情」が大ヒットした1971年。ラテン・ジャズバンド「ペドロ&カプリシャス」のデビュー曲「別れの朝」もドカンと売れた。リーダーのペドロ梅村さん(73)は4年前、脳梗塞を患っていたことを明らかにして話題になった。今どうしているのか。

■脳梗塞の“風評被害”で仕事激減

「現役も現役。今でもバンバン、コンガを叩いてるよ。今日もこれから3ステージ演奏するんだ」

 六本木のジャズライブバー「オール・オブ・ミー」で会ったペドロさん、こう言って微笑した。

「後遺症? ないって言ったらウソになるかな。左足が少々不自由で、昔みたいにコンガを叩きながら踊れなくなったのが残念だよ。とはいえ、歩くのは大丈夫だし、今日も千駄ケ谷の自宅マンションから散歩がてら、ここまで歩いてきた。健康には歩くのが一番だね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る