「別れの朝」ペドロ梅村さん 脳梗塞を乗り越え今も活動中

公開日:  更新日:

 尾崎紀世彦が「また逢う日まで」でレコード大賞を受賞し、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」や加藤登紀子の「知床旅情」が大ヒットした1971年。ラテン・ジャズバンド「ペドロ&カプリシャス」のデビュー曲「別れの朝」もドカンと売れた。リーダーのペドロ梅村さん(73)は4年前、脳梗塞を患っていたことを明らかにして話題になった。今どうしているのか。

■脳梗塞の“風評被害”で仕事激減

「現役も現役。今でもバンバン、コンガを叩いてるよ。今日もこれから3ステージ演奏するんだ」

 六本木のジャズライブバー「オール・オブ・ミー」で会ったペドロさん、こう言って微笑した。

「後遺症? ないって言ったらウソになるかな。左足が少々不自由で、昔みたいにコンガを叩きながら踊れなくなったのが残念だよ。とはいえ、歩くのは大丈夫だし、今日も千駄ケ谷の自宅マンションから散歩がてら、ここまで歩いてきた。健康には歩くのが一番だね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る