• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相撲八百長問題で解雇の谷川親方は母校のコーチで奮闘中

 2011年2月に明るみに出た大相撲の八百長問題。同じ年の春場所の開催が中止されるなど屋台骨を揺るがせたが、日本相撲協会は疑惑力士が八百長を認めれば引退扱いにするという生ぬるい処置で幕引きを図った。それに反旗を翻し、潔白を訴え、自ら進んで解雇された親方がいた。元小結・海鵬涼至の谷川親方(42)だ。さて、今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅に近い「加圧トレーニングジム Bear」。

「11年夏から錦糸町北口で始め、約200人の会員がいたんですが、去年9月、ここに移ってきました。日大相撲部の先輩が、このスペースのオーナーでしてね。家賃が安くなる上、実は一昨年から相撲部のコーチをやってて、道場は目と鼻の先の阿佐谷にある。で、これは甘える手しかないと思ったんです、ハハハ」

 女性会員が多く、親方が元力士だと知る人はほとんどいないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る