相撲八百長問題で解雇の谷川親方は母校のコーチで奮闘中

公開日:  更新日:

 2011年2月に明るみに出た大相撲の八百長問題。同じ年の春場所の開催が中止されるなど屋台骨を揺るがせたが、日本相撲協会は疑惑力士が八百長を認めれば引退扱いにするという生ぬるい処置で幕引きを図った。それに反旗を翻し、潔白を訴え、自ら進んで解雇された親方がいた。元小結・海鵬涼至の谷川親方(42)だ。さて、今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅に近い「加圧トレーニングジム Bear」。

「11年夏から錦糸町北口で始め、約200人の会員がいたんですが、去年9月、ここに移ってきました。日大相撲部の先輩が、このスペースのオーナーでしてね。家賃が安くなる上、実は一昨年から相撲部のコーチをやってて、道場は目と鼻の先の阿佐谷にある。で、これは甘える手しかないと思ったんです、ハハハ」

 女性会員が多く、親方が元力士だと知る人はほとんどいないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る