今田耕司で十分なら…「鑑定団」石坂浩二の後任は必要か?

公開日: 更新日:

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)のプロデューサーとの“確執降板”が噂されている石坂浩二(74)の後任として、同局が福沢朗(52)を選んだことが、さらに波紋を広げている。あの番組には今田耕司(49)というレッキとしたメーン司会がいる。だったら、わざわざ新たに“添え物”を入れる必要があったのか、というわけだ。

「今田は今や、TBSの大型番組『オールスター感謝祭』や同じくTBSの『炎の体育会TV』を一人で仕切っている“大物”司会者です。また鑑定士の中島誠之助や北原照久もすでにベテランの域でしゃべりに何の不安もない。さらに出張鑑定のコーナーには松尾伴内や原口あきまさらも揃っていて、今田だけで十分に仕切れるはず。実際、この2年間は石坂のコメントを意図的に消していた。それでも番組としては立派に成立していた。だったら何も今さら石坂の後任を入れる必要はないはずです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る