• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今田耕司で十分なら…「鑑定団」石坂浩二の後任は必要か?

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)のプロデューサーとの“確執降板”が噂されている石坂浩二(74)の後任として、同局が福沢朗(52)を選んだことが、さらに波紋を広げている。あの番組には今田耕司(49)というレッキとしたメーン司会がいる。だったら、わざわざ新たに“添え物”を入れる必要があったのか、というわけだ。

「今田は今や、TBSの大型番組『オールスター感謝祭』や同じくTBSの『炎の体育会TV』を一人で仕切っている“大物”司会者です。また鑑定士の中島誠之助や北原照久もすでにベテランの域でしゃべりに何の不安もない。さらに出張鑑定のコーナーには松尾伴内や原口あきまさらも揃っていて、今田だけで十分に仕切れるはず。実際、この2年間は石坂のコメントを意図的に消していた。それでも番組としては立派に成立していた。だったら何も今さら石坂の後任を入れる必要はないはずです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る