日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

執筆した小説が映画に 姫井由美子氏「不倫騒動は解決済」

 民主党に政権奪取の勢いがあった2007年の参議院選挙。岡山選挙区で“姫の虎退治”を演じて一躍、時の人になった新人議員がいた。姫井由美子さん(56)だ。しかし、その後、不倫騒動をはじめとするスキャンダルにボコボコにされ、次第に表舞台から消えていった。さて、今どうしているのか。

■トントン拍子で進んだ小説の映画化

「去年12月、『コンビニ夢物語』ってコンビニエンスストアをテーマにした小説を出しましてね。それが同名タイトルの映画になって、3月19日からシネ・リーブル池袋を皮切りに、全国ロードショーされることが決まりました」

 トレードマークの赤いジャケット姿の姫井さん、ニッコニコ顔でこういった。

 会ったのはJR岡山駅西口からクルマで約10分、岡山大学そばの住宅街にある姫井司法書士事務所。姫井さんは司法書士の資格を持ち、事務所には他に2人の司法書士がいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事