レギュラー12本に バナナマンはギャラでも“ベッキー超え”

公開日:  更新日:

「ちょっと意外」「でも、実力はある」と、テレビ関係者の間で取り沙汰されているのが、お笑いコンビのバナナマン。浮き沈みの激しい芸能界で、不倫騒動の末に休業となったベッキーの抜けた穴をどのタレントが取っていくのか、注目される中、ベッキーのレギュラー10本に迫る勢いがあるというのである。

「帯番組の『ノンストップ!』、日テレ金曜ゴールデンの情報バラエティー『沸騰ワード10』に、フジで火曜深夜の『そんなバカなマン』とTVのレギュラーが10本。そのほとんどがMC(司会)で、とりわけ設楽は出演者の回しがうまいと定評があり、上田晋也と並び称されています。そうしたことから、4月からフジのクイズものとTBSの恋愛ものの番組がゴールデンタイムに編成される方向で準備が進んでいるんです。イベントにラジオ、本にDVDも絶好調で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。ベッキーのポジションの後釜というわけでもないんですが、その勢いは全盛期のベッキーをもしのぐと話題ですよ」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る